FC2ブログ
なるべくお金をかけずに親子de英語と小学校図書
あまりお金をかけなくてもできる英語。日本語の図書のことなども。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スマホ・タブレットでフラッシュカード(改)
最近は、なかなかフラッシュカードも忙しさのあまり、登場があまりなくなったのですが、最近、twitterで、タブレットでフラッシュカードのお話する機会があったので、そのまとめとして、改めて、記事にしてみました。

以前、3年程前に、スマホなどで持ち運び無料フラッシュカード♪という記事を書きましたが、今回は作り方など、記事にしてみようと思います。
あのときから、タブレット用に作り替えたりもしました。

てなわけで、タイトルに(改)を付けてみました。

カードは、レインボー英語図解百科が語数がとても多いので、ヒントにさせてもらって、画像をネットで探して作っています。

Screenshot_2014-11-18-07-52-52.png
出来上がりは、こんな感じ。
個人利用なので、字の大きさなんかは、もう、適当ですヾ(;´▽`A``
綺麗に作ると、大量に作るにはめちゃくちゃ時間がかかるので、ホント、パパパっと適当に作ります。

作るのに、Photo Editorというアプリを使っています。

作り方を、動画で説明してみました。
ちょっと、音声、聞き取りにくかったらすみませんヾ(;´▽`A``
動画、とりなれていないので、お見苦しいところもあるかと。。



作ったフラッシュカードは、DropBoxや、Google Drive、Boxなどのストレージクラウドに入れておくと、スマホ、タブレット、パソコンどこからでもファイルを開けることができます。ただ、読み込みが遅かったりしますので、端末にも保存しておくと使いやすいです。
ストレージクラウドには、共有と機能もありますので、カテゴリーを友達と分担して作って、シェアするということもできそうですね。
私のタブレットはKindle Fire HDなので、Boxを使っています。Boxは無料で50GB使えます。

フラッシュは、ただ、スクロールするだけ。
スクロールしながら、読み上げていきます。単語の発音は、Weblioや、Wordsmyth等を利用して練習しておきます。

スライドショーを使うと、自動再生できます。
ESファイルエクスプロアラーを使うと、1秒、3秒・・・など、画像送りの速さを指定することもできます。

ちょっと、その様子も画像に撮って見ました。
これも静かに撮ったので、声が聞こえにくいかも。。。ですが、動きでわかっていただけたら(;´Д`A ```



私は、スライドショー使うよりも、自由なスピードで自分でスクロールするほうが、やりやすいです。
単語によっては、発音するときの長さも違いますから(^▽^;)

スマホ・タブレットでのフラッシュの良いところは、インク・用紙の費用を気にしなくてもいいし、収納場所もとらないというところ。
しかし、増えていくと、容量は大きくなってきます。
関連記事




Copyright © なるべくお金をかけずに親子de英語と小学校図書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。