FC2ブログ
なるべくお金をかけずに親子de英語と小学校図書
あまりお金をかけなくてもできる英語。日本語の図書のことなども。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


kindle版NHKラジオ講座のテキスト使いやすくなった
ラジオ英会話を前年度の2月から、kindle版テキストを購入して聞いています。
英語でマンガを読んだりすると、結構イディオムが多かったりして、英会話ってイディオム多いんだなとつくづく。
ラジオ英会話は、会話ででてくるイディオムが沢山使われていて良い教材と思っているので、NHKマイゴガクに登録してストリーミングでときどき思い出したかのように、聞いていました。

やっぱり、しっかり身につけたいと思ったら、テキスト必須だなと、購入。

昨年度までは、kindle版のテキストは紙版をスキャンしたような作りでした。
ページ送りが楽で、見開きにしたり、拡大したりと自由自在で使いやすかったです。

ただ、書きこみやマーカー、辞書機能が使えない。

それは別に慣れたら、不自由なかったのですが。。

今年度から、リフロー型というのになりました。

これは、固定レイアウト型に使い慣れていたら、最初は使いにくいです。

でも、慣れれば、私にはリフロー型の方が便利です。
設定でいろいろカスタマイズできますし、ハイライトも出来ます。

しおり機能も使えるし、メモ機能も使える。

英文だけのページ、和文だけのページに加え、英日表示も出来ました。
それぞれ、リンクがあるので、自在にジャンプできます。

Words & Expressionsにも簡単に飛べるし、語彙それぞれにリンクがついていてタップすると、英日表示のその語が出てくる部分が先頭に来るように表示されます。

英日表現の文の中にWords & Expressionsにでてくる語があれば、ダブルアステ(縦に*が二つ並んでいる)が付いていて、そこをタップすると語彙説明に飛んでくれる。

うちで使えるkindleアプリはkindle fire HD(2012年版)、PC版、iPad mini版、androidスマホ版なのですが、一番使いやすいのは、iPad mini版でした。

iPad mini版では横向きにすると、見開きページで表示できる。
kindle fire HD(2012年版)ではそれが出来ない。
PC版もそのように表示できるのですが、両ページが細くなってしまって見難い(設定で変えられるのかもしれませんが・・)。
書き込んだり、文字を選択したりは、断然PC版なのですけどね。

まあ、こんなけガジェットがあれば、同時にいろんなページ開くことも可能なので、あらゆる手段が使えて便利です(笑)

覚えたい表現は、Ankiに入れてときどき復習。

本当は、何度もラジオ英会話を聞き込みたいところではあるのですが1日1回が精一杯かなヾ(;´▽`A``

今年度は、ラジオ英会話、DUO、そしてリスニングアプリいろいろ聞く。ときどき、他のものもつまみ食い(笑)。
アウトプットも考えておかなきゃなぁ。

読書もしたいし。
ホント、時間って、何ぼでも欲しいです。


↑4月号





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © なるべくお金をかけずに親子de英語と小学校図書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。