FC2ブログ
なるべくお金をかけずに親子de英語と小学校図書
あまりお金をかけなくてもできる英語。日本語の図書のことなども。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゼラチンで凹凸レンズ作ってみた
今年の夏は、サイエンスフェスタにも行けず、おうちでサイエンス的なこともあまりせず。。
1度くらいは科学館に行きたかったなぁ。

次女が自由課題を一つ選ぶのに、今年も自由研究をしたいというので、テーマを決めてやりました。

次女と図書館へ行き、調べ学習・自由研究に役立つ理科の実験まるわかりBOOKという本を選びました。
本を見て、次女が選んだテーマは「光の屈折」でした。

次女、実験開始です。

s-IMG_20150818_114114.jpg
まずは、ゼラチンを熱湯で溶かす。150ccの水に4gのゼラチン。固めに作る。

s-IMG_20150821_100945.jpg
底が丸く凹んでいるアルミ缶の裏側に流し込む。粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やし固める。
完全に固まったら、つまようじで空気を入れていって外す。

s-IMG_20150821_101126.jpg
凸レンズの出来上がり。

s-IMG_20150821_101447-2.jpg
ちゃんと文字が大きく見えました♪

s-IMG_20150825_105351.jpg
凹レンズは缶の内側に。
缶を切るのはちょっと怖いので手伝いました。

s-IMG_20150825_105636.jpg
凹レンズ完成。

s-IMG_20150826_113704.jpg
小さく見えました。画像でわかるかな。。

写真で撮るよりも、実際に見た方が、はっきり拡大、縮小がわかりますよ。

夏場のゼラチン実験。すぐにゼラチンがゆるくなって、崩壊してしまいます。
凹レンズは1回目は持ち上げるとすぐに破れてしまいました。
破れながらもちゃんときれいに縮小して見えましたよ。
見えたけど、もっとちゃんと見たいから、作り直し。

やばい、溶ける!って思ったら、速攻冷蔵庫へgoing back。

レンズの手触りが楽しいらしく、実験終わった後、ちぎったり、押したりして遊んでいました。

お鍋のゼラチン液が残ったので、砂糖と牛乳加えて、ミルクゼリーをおやつに食べました☆ミ

光とレンズ参考動画
10min.ボックス 理科 光とレンズ- NHK for School





参考サイト
キャノンサイエンスラボ 光ってなに? レンズ
ニコン キッズアイランド レンズのはたらき


光の屈折実験セット

関連記事





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © なるべくお金をかけずに親子de英語と小学校図書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。