FC2ブログ
なるべくお金をかけずに親子de英語と小学校図書
あまりお金をかけなくてもできる英語。日本語の図書のことなども。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!』を読んだ
なんだかモヤモヤな1学期。
いや、仕事初めてからず~~っと、モヤモヤしてた。

小学校の図書活動は本当に大事で、私はいつもやる気満々。
だからこその、モヤモヤ。

図書活動が活発な自治体は学力もやっぱり上々・・・・なのになぁ。

みなまで書けないが、とにかくモヤモヤ。
いや、私だけでなく、同士も同じモヤモヤを抱いている。
やる気ある人ほど、モヤモヤ。

そんなこんなで、ちょっと久々に、子供の読書系の本をこの夏にまたいろいろ読んでみた。
どの本も頷きながら、読んで、先生方にも読んでほしいなぁって思う本もいっぱいあった。

しかし、まずは、根本的に基礎に返って読書と学力のことを考えて欲しいなあって。

その中の一冊に、『将来の学力は10歳までの「読書量」で決まる!』という本がある。



他に読んだ本の方が、もっと具体的に図書活動について、良い本がいっぱいあったのだけど、この本はその「基礎的で初心者的」なことを書いてくれている。
今までこういう系の本を読んでいたら、内容的に真新しいこともない。
手に取ったきっかけは、レビューが良かったからという出会い(笑)

「読み聞かせ」がいかに必要なのかが書かれている。

読み聞かせよりも、一人で読ませることに焦ってしまって、なんだか一人読みもうまくいかず、結局はたいして読み聞かせできてないな~とふと感じる人にも是非手にとって欲しいし、読書できる子になってほしいけど、なんだかんだ読み聞かせとも読書とも無縁だったが一念発起したいという人の入門書としても、まずはこれを・・・という本でした。

10歳超えてでも、できることがあると思う。
小、中学生までは、「読み聞かせ」があってもいいと思うんですよね。
というのも、今年度初めて、市内小中学校の貸出実績一覧表を見せてもらった。

他校の司書ボラさんが、実際に小6にも読み聞かせを!と、昨年度から訴え、実施してきた結果、中学生になっても図書室を利用するようになった、本を読む子が多くなったという実績をだしている。
また、どの学年も担当教諭と司書ボラが連携して読み聞かせをし、図書活動も活発にしている小学校が進学する公立中学校での貸出実績もかなり多くなっている。

低学年だけに図書活動を頑張っても、高学年で蔑ろにしては、そのまま中学校で本を読む子が増えるわけもない。
この本、こういう内容で、こういうところが面白かったよって伝えるブックトークもなければ、本との出会いもやっぱり少ない。
実際、何を読めばいいかわからない・・・。本の中に楽しいことが書かれていること、ためになることが書かれていることもわからない。
出会いが大切。

その出会いをお手伝いするのが、私のお仕事。

ほんと、ここからなんだよなぁ。
関連記事





管理者にだけ表示を許可する





TRACK BACK
TB*URL





Copyright © なるべくお金をかけずに親子de英語と小学校図書. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。