なるべくお金をかけずに親子de英語と小学校図書

あまりお金をかけなくてもできる英語。日本語の図書のことなども。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



☆お知らせ☆
当ブログでは、サイトや商品など、宣伝にあたるコメントやスパムコメントは承認いたしません。ご了承ください。
また、メールやコメントもなるべく時間のある時は見るようにしてはいるのですが、多忙期はパソコンを開くこともできず、管理画面に入れません。そのため、見過ごしたりお返事が遅くなったりする場合があります。その際は申し訳ありません。

↓↓ポチッとランキングに協力よろしくお願いします★
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ 

Tumblebooks(タンブルブックス)について(2月1日)追記

今朝、急にアクセスが増えたので、なんだなんだ??って思ってアクセス解析を見たら、うちの記事が紹介されてたんですね~。
とても驚きました。

まず、Tumblebooksについてですが、Tumblebooksはアメリカのあらゆる図書館から入れるようになっておりました。
そして、それは、誰かを制限するわけでなく、使わせていただけた、ありがたいコンテンツでした。

ナパのサイトにも

「Learn to read by watching and listening as your favorite stories come to life! E-books for E-kids! (It's free!)」

とかかれております。
そして、図書館のサイトは誰でも利用できるということです。

つまり、普通に考えると、図書館サイトさんが、皆さんに使ってもらえるようにアカウントを取得してくださって、サイトにアクセスできる子供に提供してくださってると考えることと思います。

そして、それは、図書館さんの好意であって、図書館から入ることを違法と感じるなんて、誰が思うでしょうか??

私も、その一人。だから、こうして使わせていただいておりました。
良いものは、知らせてあげたいと心から願っておりますので、私は良いものを見つけたら、ブログ読者さんにも是非シェアしてあげたいと思って、紹介しております。

今回、3年前に書いてくださったこの記事を、数名の方が紹介してくださいました。
読者様にお役にいただけた証拠と素直に喜んでおりました。
そして、書いてくださった皆さんも、図書館さんの好意を素直に伝えたかっただけと思います。

しかしながら、今回のことを間違っているといご指摘をいただき、こうして記事に書かせていただくことになった次第です。

図書館から誰でも入れるのはなんらかの手違いだということのようです。
そして、私たちは、そんな手違いがあったなんて、知る由もないのです。だから、図書館さんの好意と受けてしまうのも無理はないのです。
IDとパスワードを入力せずに入れるというのは、図書館さんがリンクに、自動的にIDとパスワードが入力されるようなリンクアドレスを作ってくださってるからです。
だから、図書館さんが、そのように入れるようにしてくださっています。
それはリンクコードを読める人なら知ってることなんですが、タンブルブックスに飛べるリンクにクリックせずにポインターを合わせると、ブラウザの下にどのサイトに飛べるかのアドレスが出てくるのですが、そこに

http:ウンタラカンタラU=*** P=***
と出てきます。Uは図書館IDです。Pはパスワードです。

私は

直接TumbleBooks(タンブルブックス)のトップページをリンクすると、ID、パスワードを入力しないと入れません。図書館や学校の TumbleBooksへの自動ログインできるURLを入手してリンクをはることも可能(実際そうされてらっしゃる方がときどき見られます)なのですが、 それではルール違反かと思います。

と書きましたが、それは、この自動ログインできるこのアドレスのみをリンクとして貼り付けている行為のことを書いたわけであって、図書館へのリンクを貼ることの意味ではなかったのです。

これを書いてから、自動ログインリンクだけを貼り付けているという人は、見なくなったので、それは問題ないと思います。

今回の、ご指摘の記事を書かれた方によると、上記のような行為がタンブルさんが「違法」とみなしたということのように書かれております。

途中でなんか変わっちゃったのかどうか??

ご指摘の記事でこのことが、自動ログインアドレスのみを取得してリンクとして埋め込んだことが違法なのか、図書館を紹介すること自体を紹介するのが違法とみなしたかどうかはわからなくなりました。

図書館のタンブルへのリンク(自動ログインリンク)をクリックしてしまったあとは、自動的に飛ぶのでアドレスは変化します。
つまり、あらゆる図書館は、誰でも入れるように、わざわざそのようにしてくださっている・・・はずです。
いや、少なくとも、そう思っておりました。だから、IDとパスをいれずに入っているというのではなく、図書館を通して、私たちは自動的に入力させてもらって入らせていただいているのです。
手違いでわざわざそのようなリンクを掲載すると思いもしませんでしたから、スッカリ好意だと思ってしまうのですね。

だから、好意を広めたい、ただそれだけで、なんの悪気もないわけなのです。

ご指摘の記事内では、(ありがたいのか、他の方に申し訳ないのか・・なのですが、)ますぷぅさんは悪気がなく・・・て書いてくださってます。
ですが、私だけじゃなく、皆さんも全くの悪気がないと私は確信しております。
みなさんの読者さんへの親切心ですので、どうか、紹介してくださった方々の読者さまは、ご理解していただけたらと思います。

後、もしあの記事を読んでも、元記事を消すつもりは全くありませんし、でも、もし、本当に違法だとご指摘されるなら、紹介ページは残したまま、この記事へ飛ぶようにします。
私は、あのページを紹介させていただいたことは、図書館さんの好意と受け止めたという前提で、今でも誇りに思っております。

もし、タンブルブックスさん本体が違法と判断されたのなら、私はあの記事を消すではなく、このような事実が合ったということを知らせることが真っ当と思っております。

記事を消すことが卑怯と書いていらっしゃるのですが、私は消しませんが、本当にダメなことなら消しても仕方がないとは思ってます。
違法といわれてて、勧めていてはいけないと判断して消すのは、とても正義感のあることと思います。
もし、最初から、悪意があって記事を書いていらっしゃって、消してしまうのなら、少なからず、卑怯になってしまうのかな?とは思いますが、本当に好意でご紹介してくださっていて、正しいと思ってやったことが実は良くないことをしていたのだな・・・と思って消すことは卑怯とは思いません。

こんなことを書きますのも、私は、一人、タンブルブックさんを紹介していた記事を最近削除された方を知ってるからです。
以前、とある関係でやり取りさせていただいた方があり、とても親切で人柄がらもよく、本当にステキな方なのです。
もしかして、その方のことをおっしゃってるのかな??と思ったら、心痛んだからです。
そして、それは、英語本さんのスタッフさんのブログだったからです。

ほんの最近まで記事がありながら、記事をお消しになられたのは、私が知っている限りでは、その方だけだったので、その方は辛く思われていないかな?と心配になりました。

私が、有益と思ってシェアさせていただいた、この情報で、心を痛まれたみなさん、本当にごめんなさい。
これからも、良いサイトがあったら紹介させていただきますね。

読んでくださり、ありがとうございます。


2月1日追記です
タンブルブックス記事は3年前に最初に書きました。
それ以来、ずっと図書館さんの好意に甘えて、図書館から使わせていただきました。

このたび、会員以外は利用できないような規約があると、ご指摘がありました。

それを受けて、久々にトップに入ってみたら、画面が変わっておりました。
私が見たときは、図書館、学校が会員になれること。
そして、利用者は図書館、学校のサイトを通して見ることができると認識しておりました。
が、久々に見てみると、確かに、team of usのページもスッカリ変わっていて、会員とその家族、親戚と書かれておることがわかりました。

多分、古くから契約している図書館さんなどは、このようになっていることはご存知じゃないのかもしれないですね。
今でも、「It's free!」と掲げてだれれも見れるようにしてくださっています。
現在も数々の図書館が「無料ですよ~」と掲げて下さっておりますが、それは、実はタンブルブックスの利用規約に反しているということのようです。

ですから、確かに、手違いのようですね。

お教えいただき、ありがたいことではあります。

ですが、とても親切な方法で教えていただいたとは思っておりません。

最初から、「今はこういう規約があるのですよ。だから、書き換えられたほうがよいですよ~。こういう利用規約になってますよ。」と親切にお教えいただけてたら、こういう騒動にはならなかったと思います。

以前の記事は後ほど、時間があるときに編集中させていただきます。
それまで、編集中というようにしますね。

古い情報をほったらかしにしていた私に落ち度があるのはとても、よくわかりました。
本当に、惑わして、皆さんには申し訳ないことをしました。本当に、申し訳ありませんでした。

私も、悪意は毛頭ございません。
この記事を紹介してくださった方に、悪意があるとは全く思ってません。
悪意と取られるのは、心外です。
私一人が、彼女たちを巻き込んでしまったのです。
そして、読者さんたちをも巻き込んでしまったのです。

苺ママさん、タエさん、sa-chiさん、とむ犬さん、読者のみなさん、ごめんなさいね。
巻き込んでしまって。

私は、「それでもまだ使える!!」
だなんて、一言も昨日書いた上記の部分の記事でも一言も揚げておりません。
それだけは誤解のないようにお願いします。

ご指摘を受け、それを真摯に受け止め、悪意でないことを知って欲しくて書いた記事でございます。

私一人をお責めになるのは全然かまいません。
巻き込んでしまった方々をどうか、攻めないでください。
私は、手違いであったと伝えることと、みんな悪意で書いたのではないと伝えることが誠意だと思い、昨日の記事の記事(追記より上の部分)は書かせていただいたのです。

正義とはなにか??
それは、信じるものそれぞれによって違うと思います。

ご指摘をしていただいた方のご団体さまの正義はそれはそれで、本当に正義感からだと思います。
でも、私たちの正義とは違うんです。

私たちの正義は平和でありたいと願うこと。
今までの平和だった親子英語のブログ村の村民として、また平和でありたいと願うことなのです。

宗教もそうですよね。
それぞれ、信じているものが違うから、悲しいかな、戦争まで起こってしまう。
一部、過激派と化してしまう。
それぞれ、自分たちの信じるものの教えと正義のために、です。

時には、その正義は相容れないものだなと痛感いたしております。
平和であるために、そっとしておこう・・。
それが私の思い。だから、今まで、とっても平和なブログを保ってまいりました。

こんなかたちで、分けられてしまうのはとても嫌でした。

逃げないで、ともし言われても、もし爆弾が飛んできても「逃げないで」って言うことは出来ないと思います。
こういう時の「逃げる」は最大の防御となるのです。
私は、逃げ遅れてますが(汗)

今回のことでは、とても胸が痛みました。涙も流しました。
そして、沢山の人が涙をながしたとメッセージをくれました。

もう、メッセージをくれた人みんなの悲しみはおしまいに。

戦うつもりなんて、全くありません。勝ち負けとかもありません。

私は、これからも、ブログ村の記事を、楽しみにしてます。

もう、とても精神的に疲れましたので、今後いたちごっこになりそうなコメントにはお答えできなくなるかもしれないですが、ご了承くださいませ。

今頂いているコメント、個別にお返事できるか、都合上まとめて書かせてもらうかわかりませんが、しばしお待ちくださいませ。

(2月2日追記)
ほんっとうに、いたちごっこになりそうで疲れましたので、コレ以降コメントは受け付けれません。
私の精神も、肉体も壊れてしまいます。
責めるのなら、私を一人を責めてくださいといいました。
そしてそうしてくださったと思います。
だけど、あの方のブログのコメント欄でも、私のブログのコメントらんでも、十分キャパを越える責めをいただきました。
コメントはお一人お一人、個人で書いてくださってくれているものと思います。
ですが、その数や言葉はとても沢山で、それを受けるのは私一人なのです。
私は一人の人間です。
これ以上もず~~っと言葉の洗礼を浴び続けると、やがて生きていこうって思えなくなるかもしれません。
あいにく、私はそんな強い精神を持ち合わせておりません。

これまで頂いたコメントはあげておきますし時間ができたらお返事もしますが、以降、反論コメントも賛同のコメントとも申し訳ありませんが受け付けません。
もし、コメントを書かれても読まずに削除いたしますことをご了承くださいませ。
思いつめすぎると、本当に精神的な病気になりやすい性格ですので、どうかご理解くださいませ。

それから、ツイッターのダイレクトメッセージ、メール、非公開コメント、スカイプチャット、その他多くのメッセージツールで応援メッセージ下さった皆様、折角応援してくださったのに、スイマセンが、お返事は後回しになるか、本当に沢山で返事ができないかもしれませんが、本当に申し訳ありません。ココでお礼を言わせていただきます。ありがとうございます。


にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ br_decobanner_20100117232000.gif 

いつも応援ありがとうとざいます♪今日もポチッと応援お願いします

遊びと絵本で種まき学習/多聴に!音源付き(CD付き・カセット付き)英語絵本・洋書・多読本カタログ
なるべくお金をかけずに親子英語ホームページ版/家事の合間にお小遣い
関連記事



☆お知らせ☆
当ブログでは、サイトや商品など、宣伝にあたるコメントやスパムコメントは承認いたしません。ご了承ください。
また、メールやコメントもなるべく時間のある時は見るようにしてはいるのですが、多忙期はパソコンを開くこともできず、管理画面に入れません。そのため、見過ごしたりお返事が遅くなったりする場合があります。その際は申し訳ありません。

↓↓ポチッとランキングに協力よろしくお願いします★
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ 

遊びと絵本で種まき学習/多聴に!音源付き(CD付き・カセット付き)英語絵本・洋書・多読本カタログ なるべくお金をかけずに親子英語ホームページ版


スポンサーリンク

テーマ:英語de子育て - ジャンル:育児

*** COMMENT ***

はじめまして

はじめまして?でしょうか??
ずいぶんと前からブログ拝見しています。
たんぶる、やIKNOWや、他有意義な情報をいつも有難うございます。
何年も前から利用させていただいていました。
なんか違法でしたか??
私は難しい事はわからないですが、
それはサイト側の問題ではないかと思います。
インターネットを使う人は皆検索して行き着いて、それがよいものならば
ブログなどで紹介する。
至って普通だと思います。

こういうときに あぁ、英語が分かったら問い合わせや説明もスムーズ~~・・・な~~んて英語の必要性を感じたりするんですよねっ。ははは

これからも楽しみに読ませていただきます。v-344



手違いで閲覧できる状態に?

私はこちらのブログで知る前に、検索でタンブルブックさんにたどり付きました。2年ほど前のことです。
絵本の質の高さに、これは有料サイト?と不安を感じて、実はあんまり利用してなかったのですが、
久しぶりに行ったら今だに勝手に見られるので、これは見させてもらおう♪と思ったのが先月。そして、こちらの記事を見ました。

あれだけの絵本、きっと世界中で勝手に見てる人がいると思います。
それはアクセス解析でわかることだし、タンブルブックさんに無断アクセス禁止の処置をとる技術がないとは思えないので、「誰でも入れるのはなんらかの手違い」が何年も続くのが解せません。

web上でリンクなどで紹介するのはダメ、個人でこっそり利用するのは黙認、ということなのでしょうか?
「ちと」さんも書いてらっしゃいますが、英語で問い合わせできる英語力があれば・・・^^;
その英語力がないから、英語絵本で勉強中なのですが。

感想

ますぷうさんが善意で情報を公開されている気持ちはよく理解できます。
が、今回の記事は、論点がずれているように感じます。悪いことと知らなかったからといって行為が正当化されるものではないですよね。違法行為だ、と指摘してもらえたことに素直に感謝…の前に自己弁護!という態度は、正直みっともない、と思います。注意されて逆ギレしてませんか。公開されている場だからこそ、深呼吸して、どうぞ本来のますぷうさんを取り戻して下さいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

それでいいんでしょうか?

ただで見れるから、タンブルブックスや図書館がチェックしないからそれでいいんじゃない?ということでしょうか?

普通の図書館でも利用するのにカードを作りますよね?
それって誰でもどうぞ!ではなく
その市町村に住んでるなり働いてるなりあるから利用できる権利があるんだと思うんです
このタンブルブックスもそういうことなんじゃないでしょうか?
何かの間違いで見れるみたいでラッキーという考えだったらそれはおかしいと思います


また、英語本のスタッフの方が削除されてたのでとありますが、
タンブルブックスのみを削除されてるわけではないです
そうではなくて、英語育児の色んな情報が載ってるページを消してるわけで
こういう書き方だと他の方に誤解されると思います

ますぷぅさんはその方を心配して書かれてるみたいですが
上に書いたように誤解される方のほうが多いんじゃないかなと思いました

思ったことを書いただけですが
もし失礼な書き方があったのならすみません


大変でしたね

いつも拝見しておりますが、コメントさせていただくのははじめてです。

今回の件、おっしゃるとおりきっとどのブロガーさんも悪気があったわけではないのでしょうが、結果的にその図書館を普段から利用している地域の方々(とくに子どもたち)に迷惑を掛けてしまった点は非常に残念です。どうか、該当の図書館にはメッセージを送っていただければなぁ、と思います。
この記事では他のブロガーさんたちの心配をされていますが、本来まず考えるべきは上記の人たちのことではないでしょうか?

図書館の好意は飽くまでも地域の利用者への好意だと理解されるべきです。
が、まさかこうした形で日本から利用規約違反を犯したアクセスが集中する事態になると想像していなかったことは、実に図書館側の落ち度だと思います。
と同時に、「日本で英語育児をされている方々向け」に発信されているという前提の英語育児ブログも、実際はどこでどういった人たちが閲覧しているか分かりません。アクセス解析やコメントなどのわかりやすい反応以外にも、ブログ主のあずかり知らないところでどんどんと情報が広がっていってしまうことは自覚されるべきです。そこまで責任は取れませんか?

私は(一部ブロガーさんが言うところの)「あちら側」の人間ではありませんが、自分でブログも書いていないただの一読者として、今回の件では指摘された方の意見が真っ当であると考えます。
どうか、耳に心地よい意見だけを取り入れないでください。そして、これからも有意義な記事を書き続けてください。

厳しいコメントでごめんなさい。でも、ますぷぅさんのこと応援しております。
次は必ず、楽しい話題でまたコメントさせていただければと思っております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

常識で考えて

私もあまり言えません・・・
何年か前から購入する絵本選び目的でたま~に控えめに遠慮がちにTumbleBooksを使わせてもらっていましたから。

図書館ということは、その土地の方々の税金で賄われているということです。それに作者はこんなシステムが無料で全世界に出回ったら新作は書けませんよ。
なのに私たちは無料で乗っかっているわけですから、謙虚な気持ちも必要なのではないでしょうか。

Between the LionのHPでは日本からアクセスした場合、動画が見られなくなってしまったことはご存知ですか?
これと同じようなことがTumbleBooksでもいつか起こり得るのではと恐れております。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

子の親として思うところあり。

初めまして。
何が起こっているのか理解できず、あちらこちらを言ったり来たりしながら経緯を読み、やっとコメントにいたりました。
日本人の英語力アップに必要な情報をいろいろと提供してくださっていること、感謝しています。そのために割かれるお時間だって相当なものでしょうね。突然、利用規約が!なんていわれて心外だったことも理解できます。

ただ、ずっと目を通してきて受けた印象だと、ますぷうさんはご自信の周りにしか目を向けられていらっしゃらないように思えます。ご自信のブログ、ブログ村の平穏、そこまでの範囲でしかお考え広げていらっしゃらないように思えて仕方がないのです。
私はアメリカ在住です。そして、もちろんこちらの図書館にもよく通います。もし、本当にもしもの話ですが、今回の件で日本人ということで図書館の利用を制限されたり、不当な扱いを受けることになったら困るのです。
そんなことはすぐには起こらないとは思いますが、不正なアクセスの多い国、日本人の与える印象はどうでしょうか?
それから、ますぷうさんにもお子さんがいらっしゃいますよね?もし、お子さんが将来絵本作家になり、タンブルのようなシステムに作品を多数載せたとします。きちんと利用してくれるメンバーのほかに、知らなかったとはいえ料金を払わないで利用するメンバーがいたとしたら・・・?そして、まったく悪意はないけれどそのメンバーが、つぎつぎと紹介をしていって、お子さんのもらえる正当な収入にまで影響がでてきたしまったら・・・?
知らなかったとはいえ間違った情報を一度は発信してしまったのは事実だと思います。そして、そこから実はいろいろな人に迷惑がかかろうとしているとは思えませんか?ブログの読者だけではなく、これはもっともっと広範囲に影響を与える問題だと私は思います。

自分が間違ったことをしたときの対処のしかたを子供に見せるということも大切なのではないでしょうか?
厳しい指摘を受けたあと、自身以外の人を気遣うまえに、まずご自身が潔く非を認めて本当の意味での正義を見せていただきたかったです。ますぷうさんのおっしゃる正義は、私には”保身”に見えて仕方がありません。

かなり辛口のコメントですよね。十分承知いたしております。私も2児の母で、毎日自分を試されているような状態です。子供がいるからこそ、もっと先の将来まで考えていただきたく、今回このようなコメントを残させていただきました。

たくさんの人に読まれているブログ主さんだからこその責任だと思います。どうか、深くお考えくださいませ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ちとさんへ

> はじめまして?でしょうか??
> ずいぶんと前からブログ拝見しています。

ちとさん、はじめまして。初コメントありがとうございます。
お名前、拝見してましたので、はじめましてという気はしないですね。
ブログ読んでいただけてたんですね!!とっても嬉しいです。

> たんぶる、やIKNOWや、他有意義な情報をいつも有難うございます。
> 何年も前から利用させていただいていました。

ありがとうございます♪良いサイト見つけた~って自慢しいなんです(笑)
そして、ありがと~って言ってもらえると、と~っても嬉しい気持ちになるのです。

> なんか違法でしたか??
> 私は難しい事はわからないですが、
> それはサイト側の問題ではないかと思います。

うーん、違法って言葉じゃなくて、利用規約に反するって言葉に言い換えてらっしゃいました。
私も、図書館がどうぞ~って言ってくれてると思ってたから、問題あるなんて思わなかったんですよね。
フリーだよ~んっておっしゃってくれてたら、誰でもありがと~って思いますって。
だとしたら、サイト側の問題なんでしょうね。
1日で一瞬にして、間違ってる!!って言う人が多数教えてにてくださったのに、不思議とこの3年、誰一人として指摘される人がいなかったんですよね・・・って、一人誰かが言わなければ、気付かないでしょうね。
私も気付かなかったうちの一人ですから。反省。

> インターネットを使う人は皆検索して行き着いて、それがよいものならば
> ブログなどで紹介する。
> 至って普通だと思います。

私も普通だと思いました。
で、そんときは、自分なりにサイト説明を読んでたんですよね。
普通に利用していいものかどうか、ブログで紹介するには知っておかなければと思ったから。
後から、お金がいるサイトだってわかったら、みんな外国語で書かれたサイトは何も知らずに使うのは怖いですから、後で課金されないかとか、安心して使えるかどうか読むようにしてるんです。
だから、そこで図書館や学校が会員になってるってことを、規約で知ったんですよ。
そのときは、なんの問題もないと判断して書きました。

>
> こういうときに あぁ、英語が分かったら問い合わせや説明もスムーズ~~・・・な~~んて英語の必要性を感じたりするんですよねっ。ははは

私も、あぁ、英語が堪能なら~~って思いました。
図書館サイトにフリーって書いてあるの、日本在住の日本人でも読んでも良いのか改めて聞けるのなら聞きたかったです。

>
> これからも楽しみに読ませていただきます。v-344

ありがとうございます♪

はじめて書込みさせていただきます さまへ

はじめまして。はじめまして書き込みさせていただきます・・さまってお呼びしてもよいでしょうか(汗)。

> 私はこちらのブログで知る前に、検索でタンブルブックさんにたどり付きました。2年ほど前のことです。
> 絵本の質の高さに、これは有料サイト?と不安を感じて、実はあんまり利用してなかったのですが、
> 久しぶりに行ったら今だに勝手に見られるので、これは見させてもらおう♪と思ったのが先月。そして、こちらの記事を見ました。

私が記事に書く前から、アメリカや他国のサイトでもタンブルブックが利用できる図書館のリンク集があるぐらいですから、検索で沢山みつかりますね。
私も、3年前に出会ったとき、え??こんなに質の高いもの、いいの??って思ったから、説明を読んでみたら、一般の人は図書館サイトを通じてならただでよめま~すって書いてたのですよ、私の記憶がただしければ。


>
> あれだけの絵本、きっと世界中で勝手に見てる人がいると思います。
> それはアクセス解析でわかることだし、タンブルブックさんに無断アクセス禁止の処置をとる技術がないとは思えないので、「誰でも入れるのはなんらかの手違い」が何年も続くのが解せません。

最初は手違いじゃなかったのかもしれません。
最初から手違いだったら、こんなに長く手違いが続くとは思わないです。
今も誰でも入れるようになってる図書館は、まだ図書館を通したら誰でも入ってよかったころの名残なのかな??なんて思ったりします。

>
> web上でリンクなどで紹介するのはダメ、個人でこっそり利用するのは黙認、ということなのでしょうか?
> 「ちと」さんも書いてらっしゃいますが、英語で問い合わせできる英語力があれば・・・^^;
> その英語力がないから、英語絵本で勉強中なのですが。

私も、英語力のなさが・・・。
読むのはあらゆるツールを駆使して、時間を書けたら読めるんですけど。。
なんか、英語しゃべれたりかけたりできたらな~、いろんなことがわかるんだなってのが、シミジミ感じることができた瞬間です。
でも、いざとなったら、lang-8さんで添削手伝ってもらって、メールくらいは出せるかな?って思ってたのですが、利用規約を揚げてくださったので、その必要はなくなりました。

通りすがりさんへ

通りすがりさん、はじめまして。

> ますぷうさんが善意で情報を公開されている気持ちはよく理解できます。
> が、今回の記事は、論点がずれているように感じます。悪いことと知らなかったからといって行為が正当化されるものではないですよね。違法行為だ、と指摘してもらえたことに素直に感謝…の前に自己弁護!という態度は、正直みっともない、と思います。注意されて逆ギレしてませんか。公開されている場だからこそ、深呼吸して、どうぞ本来のますぷうさんを取り戻して下さいね。

はい。善意です。
そして、論点づれてるとは思っていないのですが。
ちゃんと手違いだったようですって、記事にも書いてます。
違法行為ってことには、とても疑問に思いましたので、違法性があるかどうかは確かめてから書くつもりでございました。
図書館サイトは子供はフリーで楽しんでくださいって書いてくれてるのに、どこに違法性があるのか??
論じようもありませんでしたから、その点は素直に、図書館の好意だと受け止めましたとお書きしたつもりです。
でも、後ほど、違法という言葉ではなく、利用規約に反するって言葉に書き換えてらっしゃって、それは私にもスーッと理解できましたので、追記で理解できた旨を書きました。
でも、すんごい切り口で書きになられてて、ありがとうの気持ち以上に悲しい気持ちになりました。

最初の記事に逆切れしてるように見えますか??
私は、全く切れてません。

深呼吸してから書いた記事です。
私は、いつものますぷぅです。
ご心配なく。

それから、反論されるのに「通りすがり」というハンドルネームで書くのはネット上ではとても失礼なことにあたるというネチケットはご存知ないようですので、これから他ではこういうことはしないでくださいね。

MIKIさんへ

MIKIさん、はじめまして。初コメントありがとうございます。

> ただで見れるから、タンブルブックスや図書館がチェックしないからそれでいいんじゃない?ということでしょうか?

いえ、私は3年前に書く前に、タンブルの説明ページは読みました。
図書館・学校は会員になってください。そして、利用者は図書館・学校サイトから通してご利用くださいって書いてあると認識して、記事を書きました。
図書館サイトでも、子供はフリーで使えますってちゃんと書いてありました。
今でも、そう書いてある図書館はありますし、そういう図書館しか知りませんでした。
今回情報が新しくなってることを確認もしないで、古い記事を放置していたことは本当に申し訳ないと思ってます。すいません。

>
> 普通の図書館でも利用するのにカードを作りますよね?
> それって誰でもどうぞ!ではなく
> その市町村に住んでるなり働いてるなりあるから利用できる権利があるんだと思うんです。

それは、借りて帰る分に関してですよね??
閲覧はどこの図書館に行ってもできるし、ちゃんと許されています。
研究する必要のある人はあらゆる図書館に出かけて資料を探しにいきます。
カードを作れるのは認められた市民、学生、通勤者ですが、閲覧は許されているのです。

> このタンブルブックスもそういうことなんじゃないでしょうか?
> 何かの間違いで見れるみたいでラッキーという考えだったらそれはおかしいと思います

ですから、私は手違いだったそうです。って記事に書いているじゃありませんか??
そして、以前はそれを知る由もなかったと。
間違いで見れてラッキーと取れるような文を私は書いてはいません。

> また、英語本のスタッフの方が削除されてたのでとありますが、
> タンブルブックスのみを削除されてるわけではないです
> そうではなくて、英語育児の色んな情報が載ってるページを消してるわけで
> こういう書き方だと他の方に誤解されると思います

いえ、私は彼女とはちょっとしたお付き合いがありましたのでブログを拝見することがありましたが、あの方のコメント欄に貼ってあったあの記事とは違っていました。
1月下旬にもその記事はまだあって、このタイミングで急になくなっていたのです。
それは、タンブルブックスが図書館サイトから入れますって明らかに書いてたんですよ。
そして、私は本当に彼女のことを信頼しており、とても心配になったのです。
こんなことがありましたから、私の方にも、その消去された記事がまだ見えるんだよって教えてくださって見せていただいたら、やっぱり彼女が消したコメント欄で主張されてるリンクとは全く違うものでした。

>
> ますぷぅさんはその方を心配して書かれてるみたいですが
> 上に書いたように誤解される方のほうが多いんじゃないかなと思いました

とても大好きだった人を、本当に心配して、それでいて「誤解される」と思われるのなら、いったい世の中どうなってるのでしょうか??

>
> 思ったことを書いただけですが
> もし失礼な書き方があったのならすみません

とんでもないです。
貴重なご意見と受け止めてますの。
ありがとうございます。

今回のこといろいろ書きたいですが、水掛け論になってもいけないので、辞めておきます。

いつも有益な情報を教えてくださっていると思います。今回のこと大変だったと思いますが、元気になってくださいね。応援しています。 たくさんのコメントのお返事大変だと思いますのでお返事はいいです。

ごめんなさい

丁寧にお返事ありがとうございます

私も間違いがや書き方に問題がありましたね・・

いまさらですが、攻めたり攻撃したつもりはなかったんです・・

ますぷぅさんのコメントを読んでかなり反省です

どうぞお体お大事にされてください

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

マンゴーさんへ

マンゴーさん、ブログ以外のところで、いつもお世話になってます。
こちらでは、はじめまして♪

> 今回の件、おっしゃるとおりきっとどのブロガーさんも悪気があったわけではないのでしょうが、結果的にその図書館を普段から利用している地域の方々(とくに子どもたち)に迷惑を掛けてしまった点は非常に残念です。どうか、該当の図書館にはメッセージを送っていただければなぁ、と思います。
> この記事では他のブロガーさんたちの心配をされていますが、本来まず考えるべきは上記の人たちのことではないでしょうか?

私は今でも、一部の図書館サイドは好意で他地域の子供たちにも見れるようにとしてくださっていると信じてなりません。
今回、タンブルブックスの利用規約が地域内ということになってるので、もし図書館が今後、利用規約にのっとって、図書館利用者のみに限定されていったら、それはそれじゃないでしょうか??
利用規約を受けてしたことだと思います。地域の人たちは、図書館の会員になれるんですよね??
だとしたら、迷惑になるのでしょうか??今回のタンブルブックスの利用規約では、地域の人でも会員になった人は閲覧してくださいってことじゃないでしょうか??だったら、正当に会員になればいいし、地域のひとは会員になる権利は有してると思います。もしそれが、日本じゃなくて、アメリカの他の地域の子供たちが。。ってことでしたら、私たちは同等の立場と思います。
この件が勃発したときに、すぐに私はお友達となんとか図書館と連絡取れる方法はないのかな??って相談しましたよ。電話では会話する英語能力がないので、ナパの図書館とはメールで連絡とれるよね??とか。
「私たちが現在日本にいてもアクセスできて、子供たちが英語を学ぶのに利用させてもらってること。」そして「それは間違っているかどうか??」ってこと。
早急に考えて、lang-8の友達にコンタクトを取って、英文を一緒に考えてもらって、問い合わせてみよういう話をしました。
だけど、今回、ちゃんとご指摘いただいた方が利用規約を載せてくれたので、もう理解したので問い合わせる必要はなくなったのかな??と思いました。



>
> 図書館の好意は飽くまでも地域の利用者への好意だと理解されるべきです。
> が、まさかこうした形で日本から利用規約違反を犯したアクセスが集中する事態になると想像していなかったことは、実に図書館側の落ち度だと思います。

MIKIさんの返答にも書きましたように、借りたりする、カード会員になるのは地域の利用者の権利です。
ですが、図書館の「閲覧」というのは、誰にでも許されていることなのです。
そして、その図書館が「読むのを学んでるキッズへ、フリーです。」って書いてくれてあって、誰でも見れるようにしてくれてあったら、地域の人だけへの好意ということではないんじゃないでしょうか??
確かに、図書館の落ち度と取れるかもしれませんが、もしかしたら、極最近まで、タンブルさんもOKだったのかな?そして、利用規約が変わり、順々に図書館に会員向けにするようにと指導していってる最中なのかもしれません。そうだったとすれば、落ち度じゃなく、知らされるのを待っている状態で、現在は知らないということじゃないのでしょうか??それならば、とても納得できることです。
そして、私たちも、それは知る由もなかった。今回、別の形でこのように指導を受けるようになった・・ということじゃないのかな・・・と。


> と同時に、「日本で英語育児をされている方々向け」に発信されているという前提の英語育児ブログも、実際はどこでどういった人たちが閲覧しているか分かりません。アクセス解析やコメントなどのわかりやすい反応以外にも、ブログ主のあずかり知らないところでどんどんと情報が広がっていってしまうことは自覚されるべきです。そこまで責任は取れませんか?

私はそれはとても自覚しております。だから、今回利用規約をご提示いただいてから、記事を削除しましたし、読者様にご迷惑をおかけしましたと記事内でも、謝罪しております。
そして、それを受けて記事を書いてくださった方々にも謝罪しておりますが、足りませんでしたでしょうか?
利用規約のお話が出る前は、「違法」ということでしたので、「違法性」は私は疑問に思っておりましたので、確認中でした。なので、確認後謝罪する予定でした。
謝罪することと、責任を取ることはまた別ということなのかもしれませんが、こうして、ブログで手違いだったようですと発信することで、責任を取ってるつもりでございます。


>
> 私は(一部ブロガーさんが言うところの)「あちら側」の人間ではありませんが、自分でブログも書いていないただの一読者として、今回の件では指摘された方の意見が真っ当であると考えます。
> どうか、耳に心地よい意見だけを取り入れないでください。そして、これからも有意義な記事を書き続けてください。

いえ、私は、耳に心地よい意見だけを取り入れたつもりは毛頭ございません。
ですから、この件をご指摘いただいてすぐに、手違いだったようですと、お伝えしなければと思ったのです。
このように、段々個人攻撃とも取れるような行動がなく、親切に「利用規約は違います、だから記事をお書き換えになられた方が良いではないでしょうか??しかし、私どもでは無料会員になったら利用できるようになってますよ」ってご指南とご提案いただけてたら、私も気持ちよく書くことができましたので、非常に残念なのです。

>
> 厳しいコメントでごめんなさい。でも、ますぷぅさんのこと応援しております。
> 次は必ず、楽しい話題でまたコメントさせていただければと思っております。

私も早く、いつもの平穏な記事が書けるように戻りたいです。
ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

ようさまへ

ようさま、はじめまして。
ブログの訪問、コメントありがとうございます。

> 私もあまり言えません・・・
> 何年か前から購入する絵本選び目的でたま~に控えめに遠慮がちにTumbleBooksを使わせてもらっていましたから。

わかります!私も、購入する絵本探し、TumbleBooksでします。
知らなかった絵本に、いっぱい出会えるんですよね。
やっぱり、リアルでいつでもどこでも手を伸ばして読める絵本が一番ですから。
もう長く、TumbleBooks見てませんでしたが、当時は基本的に、音源だけ利用させてもらうことが多かったです。

>
> 図書館ということは、その土地の方々の税金で賄われているということです。それに作者はこんなシステムが無料で全世界に出回ったら新作は書けませんよ。
> なのに私たちは無料で乗っかっているわけですから、謙虚な気持ちも必要なのではないでしょうか。
>

そう!!だから、すんごい太っ腹だな~~♪って思ったんですよ。すごい本揃いですもの。
でもね、無料で全世界で出回って・・・著作権が・・・って言う部分は、では、今回ご指摘いただいた方がやっているサイトで募集しているのも、著作権を脅かすのは変わりないのではないでしょうか??
全世界、どこにいても誰でも無料で登録させていただけるサイトさんですよね??
むしろ、私やその他の方が図書館サイトから見れるって事を書く以上に、はるかに、そちらのサイトさんは知名度の高いところでやってるので、著作権を脅かすということにフォーカスするなら、そのサイトさんの方がもっと脅かすと思います。
私やその他のブログで紹介して広がるより、そのサイトさんのメンターさんと呼ばれる方が御広げになっている方がはるかに広がっていってますよね。
だとすると、私が紹介したこと以上に著作権侵害はすさまじいのではないでしょうか??

ちゃんと規約にのっとってやってるのだから、別にそのサイトさんが悪いことやってるなんて、思いませんと一言断っておきますね。誤解があるとお困りますから。
著作権が・・とおっしゃるから、書いたまでです。

> Between the LionのHPでは日本からアクセスした場合、動画が見られなくなってしまったことはご存知ですか?

はい。存知あげてます。日本からだけじゃないです。
アメリカ在住の場合のみ閲覧可能ですね。

> これと同じようなことがTumbleBooksでもいつか起こり得るのではと恐れております。

利用規約がそうなら、TumbleBooksもそうするべきじゃないのでしょうか??
著作権の問題が出てきたなら、それはしかりと、私たちは受け止めるべきと思います。

ぴいさんへ

ぴいさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。

> 何が起こっているのか理解できず、あちらこちらを言ったり来たりしながら経緯を読み、やっとコメントにいたりました。
> 日本人の英語力アップに必要な情報をいろいろと提供してくださっていること、感謝しています。そのために割かれるお時間だって相当なものでしょうね。

はい。結構時間かけてますが、子育て優先ですので、なかなか時間とれず、ちょびちょびと下書き保存しながら書いてますので、更新がすぐに滞りますが・・。

>突然、利用規約が!なんていわれて心外だったことも理解できます。

え???びっくりしました~。私、利用規約が!!って出してきていただいて、むしろスーッと心に届いて、方の荷がおりたんですよ。
最初に違法だ!!って書いてあったときは、図書館が子供にフリーでどうぞって書いてあるのを使ってて、知らせて、どうして違法性があるんだろ・・って悩んだところ、違法っていうのは間違いで、利用規約を提示してくれて、そうか!!って思えたのですから。
変なところで、理解されたら、ちょっと困ります。それは、あなたの曲解ですわ。

心外だったのは、私以外のサイトが私の記事を受けて書いたことが悪意があるってとられてしまったことと、後ほどからどんどん攻撃的になってきたことの2点だけです。
お間違えのないように。記事でも、私はそう書いてます。
ちゃんとお読みになってくれてないのでしょうか??


>
> ただ、ずっと目を通してきて受けた印象だと、ますぷうさんはご自信の周りにしか目を向けられていらっしゃらないように思えます。ご自信のブログ、ブログ村の平穏、そこまでの範囲でしかお考え広げていらっしゃらないように思えて仕方がないのです。

どうしてそう捕らえるのか、私にはわかりかねます。
ブログを読んでくださってる方は、私が思ってる以上に多いのです。
日本外の友達も見てくれてます。
日本語を勉強しる海外の人も見てくれてます。
ブログ村の騒動は、このタンブルブック問題だけじゃなかったですよね??
それで、再びこのようなことになって、ブログ村が荒れだしたから、その部分を書いたのですが。

> 私はアメリカ在住です。そして、もちろんこちらの図書館にもよく通います。もし、本当にもしもの話ですが、今回の件で日本人ということで図書館の利用を制限されたり、不当な扱いを受けることになったら困るのです。
> そんなことはすぐには起こらないとは思いますが、不正なアクセスの多い国、日本人の与える印象はどうでしょうか?

不正なアクセスの多い国、日本なのでしょうか???
私は、海外の人の話を聞く限り、日本が多い国ってことはないと思いますが。
てか、図書館さんは、だれでもどうぞ~な書き方でいて、不正なアクセスだ!!なんて、思わないと思います。
日本人だからといって、図書館へ出入りできなくなるようなことは、まずありませんよ。
そんな公共の施設が差別的なことするでしょうか??
日本がテロを起こした・・とかなら、不当な扱いはあるかもしれませんが。
なんか、すっごい飛躍した話すぎるので、図書館利用制限になってしまうかどうかは、まず心配しなくて良いと思います。

> それから、ますぷうさんにもお子さんがいらっしゃいますよね?もし、お子さんが将来絵本作家になり、タンブルのようなシステムに作品を多数載せたとします。きちんと利用してくれるメンバーのほかに、知らなかったとはいえ料金を払わないで利用するメンバーがいたとしたら・・・?そして、まったく悪意はないけれどそのメンバーが、つぎつぎと紹介をしていって、お子さんのもらえる正当な収入にまで影響がでてきたしまったら・・・?
> 知らなかったとはいえ間違った情報を一度は発信してしまったのは事実だと思います。そして、そこから実はいろいろな人に迷惑がかかろうとしているとは思えませんか?ブログの読者だけではなく、これはもっともっと広範囲に影響を与える問題だと私は思います。


それは、先ほど、ようさんのコメントにもお返事しましたので見ていただけますか??
もし私の子が作家になって・・・というなら、図書館の存在自体が収益に影響しますよ。
そういう著作収益の影響をご心配されるなら、今回ご指摘くださった方のサイトの方がもっと知名度も高いし・・・て、また同じ説明になるのでここは本当にようさんあてのお返事を読んでください。
著作収益の影響をご心配になるなら、そういう理由から、私だけでなく、今回のご指摘者さまにも同じことをおっしゃるべきじゃないでしょうか??

何度も言いますが、ご指摘者さまはちゃんとした手続きを踏んでらっしゃるなら、それでよいと私は思ってるので、著作権うんぬんは糾弾いたしませんが。


>
> 自分が間違ったことをしたときの対処のしかたを子供に見せるということも大切なのではないでしょうか?
> 厳しい指摘を受けたあと、自身以外の人を気遣うまえに、まずご自身が潔く非を認めて本当の意味での正義を見せていただきたかったです。ますぷうさんのおっしゃる正義は、私には”保身”に見えて仕方がありません。

私は、間違ったことは、間違ってるとちゃんと認めております。
本当に、読んでくださっていないようですね。
一度、私以外のところで、以前にブログ事件が勃発しました。
そのときに、一度深く傷ついてるんです。
そこで覚えた”保身”なのです。
私は、今回始めてなので、保身はできてません。
記事で書いたとおり、私一人で受けてます。
真剣に向き合って書いております。
また、別件で他の方にこのようなことが起こったら、もう私のような辛い目にはあって欲しくないので、身を守ってください!!って強く言いたいです。

>
> かなり辛口のコメントですよね。十分承知いたしております。私も2児の母で、毎日自分を試されているような状態です。子供がいるからこそ、もっと先の将来まで考えていただきたく、今回このようなコメントを残させていただきました。

私は、子供がいる母であるからこそ、今回のような攻撃的なことは許すまじきと思うのです。
母だからこそ、人としてやってはいけないことを見せなければいけないのです。

あなた様のしてることはどうでしょう??
ご指摘者様のブログのコメントで、私のことをすごい例え方をしていますよね??
あのたとえられた表現は、私は一番嫌いな母親象でございます。
そのような、一番嫌いなものに、私をしたて上げたのです。
それは、人の精神的な部分を追い込み、傷つけ、時には発現により命をも脅かすとは、あなたは考えて発言してるのでしょうか??
はっきり言いまして、私の精神的キャパを越えたのはあなたのあちらでのコメントを読んでからです。
私のことを子を持つ母だからというなら、あなたはどうですか??

最初は思わなかったのですが、あなたのような発言が増えるたび、これはいじめに等しい状態になっていってるんですよ。あなたは思っていなくても、そう思ってる人はすごく多いのですよ。
そんな声、い~~~っぱい、私に届けられています。
子供のイジメと一緒です。
本人はいじめてる自覚なし、やってる方は自覚なし。

私は、こどもにいじめは悪いこと!!!って強く教えております。
だからこそ、この件に関しては、強く抗議をいたします!

>
> たくさんの人に読まれているブログ主さんだからこその責任だと思います。どうか、深くお考えくださいませ。

沢山人に読まれてるブログ主だからこそ、読者から沢山寄せられたエールのメッセージを受けて、深く考えて書いたのです。

凛さんへ

凛さん、おはようございます。

> 今回のこといろいろ書きたいですが、水掛け論になってもいけないので、辞めておきます。
>
> いつも有益な情報を教えてくださっていると思います。今回のこと大変だったと思いますが、元気になってくださいね。応援しています。 たくさんのコメントのお返事大変だと思いますのでお返事はいいです。

はい。ありがとうございます。
私も、本当に、水掛け論になってると思います。

ですので、これ以上、私には何もできないです。

応援ありがとうございます。みんなの応援だけが、私の支えとなってます。ありがとう!!

MIKIさんへ

MIKIさん、おはおうございます。
再びコメントありがとうございます。

> 丁寧にお返事ありがとうございます
>
> 私も間違いがや書き方に問題がありましたね・・
>
> いまさらですが、攻めたり攻撃したつもりはなかったんです・・
>
> ますぷぅさんのコメントを読んでかなり反省です
>
> どうぞお体お大事にされてください

いえいえ、本当に、本当に、このように言っていただけて、私は感謝しております。
嬉しくて、涙が再び出ました。
いろいろと考えてしまって、不眠続きでしたので、体への気遣いを頂いて、ちょっとだけ安心しました。
本当に、ありがとうございます。

ブログ主のますぷぅです。

記事で書いたとおり、コメントの受付は終了です。

沢山のコメント、ありがとうございました。

コレより以下のコメントはいかなるコメントも心身保護のため、読みません。削除します。理由は記事を読んでくださいませ。

どうぞご理解くださいませ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NO TITLE

eigohon.comでTumblebooksについて調べてここに辿り着きました。

有益な情報をありがとうございます。
そして事の顛末をみて哀しくなりました。
ブログ主さん、お疲れさまです。

ネットで重箱の隅をつつく姑か?という陰湿で粘着質なイジワルユーザー、
多々見かけます。私の実際の社会の周囲には表立ってはいないタイプです。
役立つ情報を発信する「優しそうで素朴な人」を攻撃して、何の意味があるのか?と思うのですが、気になった事あったら言い方次第でもっと有益な情報に、協力して変化させるとかそういうよい事を考えたりしないんですね。「そもそもの目的が攻撃」だから、なんか言っても絶対に敵対してくるんですね。

コメントの投稿

管理人にだけ読んでもらう

プロフィール

ますぷぅ

Author:ますぷぅ
*ますぷぅ(ママ)
 2児のママ。英語・数学を中心に家庭教師(出張・自宅)を約10年間勤め、中学・高校英語教諭免許を持っているも、受験英語中心の学習だったので、聞く・話すは全くダメ。というのも、受験英語の指導に聞く・話すは当時必要なく、むしろ聞く・話すは無駄な勉強だったため。そのことを疑問に感じ、親子英語を決心。親子英語を期に自らも1から英語のやり直しをがんばろうと思っています。
小学校の図書室で司書(有償ボランティア。といっても全部任されています)のお仕事しています。

*長女
H14年12月生まれ。3歳直前スタートで、途中ブランク多々あり。
部活大好き少女。
小4で英検準2級合格

*次女
H17年10月生まれ。0歳スタートで1歳には一旦休止。5歳前に再開)
5歳で選手コースに入り、毎日1時間~90分のスイミング練習のため、のんびり英語です。




***MENU***

最新コメント
最新記事
リンク
タグリスト

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

新着友達ブログ

オンライン英会話(子ども専門)


リップル・キッズパーク
子供専門スクール。
しっかりレッスン管理がされています
1回の無料体験ができます
娘たちも受講経験あり
⇒受講記録


格安の子供オンライン英会話。
講師数も増え、
要望も細かく指定できるように
なったようです

オンライン英会話(ネイティブ)






ネイティブ専門。
700円から。
無料体験あり。


ただいま、無料体験で
Androidタブレットが当たる
キャンペーン実施中。

オンライン英会話(激安or人気)

オンライン英会話無料体験


今なら激安。
無料体験1回。


話せる英会話 Ays English
人気のカランメソッドの無料体験あり


オンライン英会話レアジョブ
2回無料体験できます。
オンライン英会話業界人気NO1と思います。
私も無料体験しました。
体験談はこちら


100円オンライン英会話【ぐんぐん英会話】
無料体験1回受けれます。


話題のカランメソッド


スクール名はラングリッチ
でも料金は激安!


カランの進化版のDMEレッスンが定評


2回の無料体験あり


講師の質で選ぶならココ!
2回の無料体験あり

ゴガクル

ブログランキングに参加しています。

クリックで応援お願いします。
上位は役立つ情報ばかりが並んでいますので是非訪れてみてくださいね。

にほんブログ村 英語ブログ 親子英語へ

ブログランキング




スポンサーサイト
ファンケルオンライン

FC2カウンター
RSSフィード
ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。